どんなタイプがある?

最近では様々なメディアに取り上げられる機会も増えて、一般的にもかなり浸透し

 

てきましたが、大まかに分けるといくつかのタイプに分けることが出来るのです。

 
一つ目は恋愛型です。このタイプは被害者と加害者が一時的に恋愛関係になっ

 

たことがあり、被害者が別れたいと思っても、それを加害者が受け入れられないの

 

がこのタイプです。

 
一時は好きになった相手だからといって情け心を持っていると、どんどん行為がエスカレートしてしまう危険があるので、警察などの第三者を交えながら、毅然とした態度をとることが大切です。

 
もう一つが盗撮型です。大変コンパクトなカメラで、無線により動画や静止画、音声などを盗撮して、被害者のプライバシーを脅かすのがこのタイプの特徴です。

 
何らかの機会に盗撮用カメラを自宅に仕掛けたり、恨みを持っている身近な人が加害者だったというケースも多く、盗撮を発見するだけでは問題解決にならないので注意が必要です。

 
そして最後にネット型です。これは被害者の個人情報や画像などを無断でネット上の掲示板に書き込みしたり、不特定多数の人間に被害者名義で悪質なメールを送ったりと、執拗な嫌がらせ行為を繰り返すのが特徴です。

 
いずれのタイプも、放置することで問題解決にはならないので、何らかの対抗措置をとる必要があります。